FCR-VITA Rd.3レースレポート

9月24日(金) 2ヶ月ぶりの実車走行

富士スピードウェイがオリンピック開催期間中閉鎖されていたため、第2戦鈴鹿から2ヶ月ぶりの実車練習となる。

1本目:2.02.768

2本目:2.03.012

3本目:2.03.058

4本目:2.02.723

1本目から自己ベストを1秒以上上回り、着実にレベルアップ。

安定したラップタイムを刻めるようになり、もう一段階上のタイムを目指せるところまできた。

9月25日(土) FCR-VITA予選 ウェット

予選タイム:2.10.627 17位

朝方から小雨が降り始め、ウェットコンデションでの予選となる。

序盤は10位前後のタイムを記録。

しかし、雨がやみ路面コンディションが回復し始めるとライバルは一気にタイムアップ。

その中で、ペースの上がらないマシンと走ることにより大きなタイムアップができずに終了。

決勝レース結果:17位(ベストラップ 2.03.131)

路面はウェットパッチが残っているが雨は上がており、路面状態はドライになる方向。

スタートは1コーナーでのポジション取りで20位前後にポジションダウン。

その後、アクシデントを回避しながら、持ちタイムの似たようなマシンと終始パックっで走行。

予選順位と同じ17位フィニッシュとなる。

【永井選手コメント】

「今回のFCRでは何事もなくゴールすることができたことがよかった点でした。

ですがまだまだレースの構成では至らない点が多く、1つ1つ改善していきたいと思います」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です