KYOJO CUP Rd.2レースレポート

レース参戦2戦目で初入賞を飾るも

前日のFCR-VITA では、経験不足からのミスが重なり思うような結果を得られることができなかったが、ドライビングそのものに関しては確実に進歩し、タイムも29秒前半までは見えてきた。

予選タイム:2.29.630 7位

予選アタックは前日の反省点を活かして、自己ベスト更新を狙う。

計測1周目から自己ベストを更新しながら、他車との間隔をあけて4周目にアタック。

セクター1.2で自己ベストを更新し、29秒前半のタイムが期待されたが、セクター3.4で自己ベスト更新ならず。

それでも目標の29秒台に突入。

7番手タイムとなったが、なんとピットロードの速度違反で2グリッド降格のペナルティ…

決勝レース結果: 6位 (ベストラップ 2.30.305)

決勝レースは9番グリッドからのスタート。

オープニングラップはポジションキープだが、ペースは良く1台コースアウトで8位に。

2周目のシケインで前車をパスし7番手にポジションアップ。

前6台は明らかにペースが速く、コンマ5秒づつ引き離されていくが、後続に対しては1秒弱速く単独走行の展開となる。

トップ6台は激しいバトルとなり、アクシデントで1ポジションづつ上がって行く。

最終ラップには5位までポジションを上げる.。

後続とは6秒以上の差がありプレッシャーのかかる状況ではなかったが、なんとスプーンカーブ立ち上がりで痛恨のスピン。

すぐに再スタートし、7位でチェッカー。

他車のペナルティで6位に繰り上がったが、なんとももったいない結果となってしまった。

次戦は再び富士に戻るので、開幕戦に比べてどのくらいレベルアップしたか楽しにしてください。

【永井選手コメント】

「最後の最後でミスをしてしまうメンタルの弱さ、守りの姿勢には入っていた自身にすごく反省をしています。申し訳ありませんでした。

改善策としては、今自分がどの周回数で何をするべきかを把握していることが大切だと思いました。

今後は何周目かを認知して、練習から取り組んでいきたいです。

今回は完全に単独ミスということ、落とさなくていい順位の落とし方をしてしまったことを深く反省しています。

ですがマシンを無傷で一回もダートにコースアウトせずレースウェークをすごせ、なおかつ4日間でのタイムの成長はよかった点でした。

トップ勢と一枚壁を感じましたが、1戦目より確実に近づいています。

手ごたえも感じているので次戦は入賞圏内を走行することができる技術をつけていきたいです。

応援、ご支援ありがとうございました」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です