FCR-VITA Rd.2レースレポート

7月24日(土)鈴鹿サーキット初レースを迎える

今回は鈴鹿のVITAレースと富士のFCR-VITAの混走のためエントリー台数はなんと44台!

富士からの遠征チームは走行経験が少ないため、予選前に練習セッションが組まれました。

FCR-VITA占有走行:2.30.814

KYOJO CUP占有走行:2.31.163

前日からの練習タイヤで走行し自己ベストとなる30秒台に入る。

44台のクリアラップのとれない状況でのタイムなので、ロガーデータから推測するとnewタイヤで29秒前半までは出せそうな感じにレベルアップ。

午後からの予選に期待がかかる。

FCR-VITA 予選タイム:2.30.608 29位

抜きずらい鈴鹿でこれだけの台数での予選となり、経験不足が出てしまった。

自分よりペースの遅いマシンが前にいても、淡々とラップを重ねてしまい、アタックラップというものを作れずに予選終了。

それでも自己ベストを更新することができた。

決勝レース結果:37位(ベストラップ 2.31.915)

決勝レースはフルグリッドでのスタンディングスタートは危険との判断でローリングスタートとなった。

ローリングスタートも初めての経験となる永井選手は、ここでも経験不足を露呈してしまう。

スタートで前車についていけず大きく後れを取り、後方はしびれを切らし1コーナで一気に抜かれてしまう。

その後、落ち着きを取り戻す間もなくセーフティーカーラン。

再開は、遅れずについていこうと焦りスピン。

SC中のスピンで40秒のペナルティを受けることとなった。

【永井選手コメント】

「予選は、2周目にタイムアタックを実施。

その後も周回を重ねるが周りがいたため、メリハリが欠ける走行となり、タイム更新ならず終了。

予選の組み立て方を考えさせられました。

決勝はローリングスタートで、スタート直前の急停止だったり、隊列を組めなかったりと、かなり出遅れてしまいました。

1コーナーで詰まっていたため、巻き返すが後方より2台に抜かれてしまいました。

2周目くらいにSCが発生。路外停車車両が多く、撤去が実施されました。

SC中、かなりストップしたり、全開だったりと翻弄されついていけず。

解除タイミングでもかなり反応に遅れて焦ってしまい、シケインでスピン。

最後尾からコース復帰しそのままゴール。

終始、他車のペースに翻弄され流れに乗ることができづじまいで悔いの残るレースでした」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。