KYOJO CUP Rd.1レースレポート

初KYOJO CUP開幕戦に挑む永井歩夢選手

これまでの2か月という短期間で、できる限りの練習と準備をし、KYOJO CUPへの道、ついに本番を迎える。

予選直前まで第3代女王の村松選手にアドバイスをもらう永井選手

予選は小雨が降っておりウェット路面。

ドライとウェットの練習走行を比べると、ウェット路面のほうが向いており、ライバルとの差が少ない。

更に、いままで練習してきたウェット路面よりは水量が少なくコンディションがよいので、自信をもってアタックしてもらう。

序盤は予想通りの展開で、慎重にタイムを削っていき10番手くらいのタイムで推移。

グリップ感覚をつかめてきたのか5周目を過ぎたあたりから、タイムアップし5・6番手を走行。

最後までタイムを少しづつ削りながら、ベテラン選手を抑える結果に。

トップとの差はまだまだあるものの、充分に練習の成果が表れた。

予選タイム:2.18.505 7位

雨は上がり、決勝レースはドライコンディションになる。

このコンデションになると、ベテラン勢との差がまだまだあるので、後方から追い上げてくる選手に気を付けながら、接戦のバトルを経験することに。

予選のように練習の成果を活かせれば、完走した時に今の実力の結果が付いてくるはずだった。

しかし、スタートポジションからの緊張か、後ろから迫りくるライバルたちの勢いに御弄されたのか、スタートから半周でシフトミスによるエンジンブローでリタイヤとなってしまった。

決勝レース結果:リタイヤ

次戦につなげる貴重な本番経験を積むことができなかったのは大きな痛手だが、クラッシュによる痛手はなかったので、また練習を積みながら改善していきたい。

【永井選手コメント】

「スタートでインへの寄せが甘く(まったく寄せてなかった)ため、2台の侵入を許してしまいました。

次回練習時には、1周目のブレーキ精度を上げていく必要性を感じました。

ヘアピンの侵入時イン側に車両があることに焦ってしまい、必要以上に立ち上がりでふくらみ、縁石のわだちにとられ、抜け出せなくなり、さらに焦ってしまい、シフトミスをしてしまいエンジンブロー。

今大会、自身のミスで車をゴールまで運ぶことができず、大変申し訳ございませんでした。

大切な車両を壊してしまったこのミスは2度起こしません。

次戦より、より気を引き締め、尽力してまいります。

応援いただきありがとうございました」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です